アップルパイ

昔ながらのアップルパイ

フレッシュバターをたっぷり折り込んだ香ばしい手織りのパイです。

じっくり炊き込み、シロップの旨みをしみこませた青森の厳選りんご(紅玉種)を使ったバイカル自慢の逸品です。

人気商品の『アップルパイ』はバイカル創業当初から好評を頂いています。

このアップルパイは材料にこだわり、りんごは青森の特定の地域産の「紅玉」を40年以上使っています。

フレッシュバターをたっぷり!!
こだわり厳選りんご 青森産紅玉
Previous
Next

パイ生地を練り上げる

パイ生地は練ってから焼き上げるまでに3日間かかります。パイ生地を練る、バターを織り込む作業が4回、それぞれの工程をパイ生地に負担を極力減らすために、半日ずつ進めていきます。生地を休ませる時間をしっかりとるため、生地の熟成が進み、それが、パイ生地のうまみに繋がり、また生地への負担が少ないため、きれいな層になってパイ生地を焼き上げることができます。

パイ生地の正体 職人の技

パイ生地と織り込んでいるバターの硬さが均一でないとアップルパイを焼き上げた時、綺麗にパイが膨らみません。そのため、気温の高い夏には「やわらかく」なりやすいバターに合わせて、生地も水分を少し増やして練り上げます。逆に、気温の高い冬場は固いバターに合わせてパイ生地も少し固めに練り上げます。季節に合わせて生地の固さを調整できるかが、職人の腕の見せどころです。

パイ生地で譲れない点

その日に焼き上げる分を必要なだけ用意し、冷凍は一切行わない。それも、こだわりの一つです。バターを織り込み冷凍してしまうと、せっかく時間をかけてきれいに折り重ねた層がくっついて、焼き上げた時に生地が浮き上がらなくなってしまいます。どんなに沢山のアップルパイを作る場合であっても、生地を作るのに「3日」は譲れません。

パイ生地の「コク」の正体

なによりも、丁寧な仕事が「コク」「味」の正体です。焼きのこだわりは、2段階にかけて焼き上げていきます。1段階目は高温に設定した窯に入れ、パイを一気に膨らませます。2段階目でその膨らませたパイ生地を蒸気を抜きながら、少し温度を下げた窯で焼くことで、パイ生地をサクサクに仕上げることができます。